障害報告票

New Support Ticket

View Support Tickets

  • 問題の報告
  • 無料サポート
  • サポート提供
  • 開発者サポート
  • VDNとOEM

バグや問題発生時どうすれば?

問題が発生しましたか?もしParadigma Software商品内で確かにバグが見つかったと思いましたら、我々のマンティス・バッグトラッカーをご覧になってください。そこで最新に提出されたアイテム10個が提供されています。マンティスを通して機能申し込みなども可能です。マンティスへ報告する前にバグ報告や機能申し込みをご覧になってください。

バグや問題をマンティスで報告

以下の条件を満たす方はサポートチケットシステムを通してレベル1テクニカルサポートを無料で使用できます:

  • Paradigma Softwareプロダクトの現行版を使用
  • その製品の必要最小システム構成を満たす
  • その製品に対してアクティブアップデートプランがある

サポートチケットシステムを使う前に1)オンラインドキュメンテーションと2)FAQとディスカッションをチェックしてください。

レベル1テクニカルサポートオプション

  • トラブル・シューティングインストールや連続問題
  • ソフトウェアドキュメンテーションに書かれてるように働かない基礎機能

無料サポートは大抵翌営業日に応答できますが、特定の時間までに応答できるかは保証できません。

優先サポートオプション

優先サポートオプションはレベル2以上のテクニカルサポートで使用可能です。

レベル2テクニカルサポートは有料ですがサポートインシデントクレジットを使用します。

レベル2サポートでの質問には大体数文や段落でお答えできます(ソフトウェアのプロセスなど)。手数料としてサポートクレジットを使用しており、1クレジットは一つのインシデント、あるいは解決まで使う1時間になっています。8時間まででしたら、複数のクレジットを使って複数の時間を使う事が可能です(技術者勤務一日分)。

もしレベル2インシデントがParadigma Software製品内で文書化されていないバグでしたら、サポート申し込み時にクレジットは求められません。既に文書化されているバグでしたら1クレジットかかります。

レベル2テクニカルサポートやインシデントサポ―トを申し込む方法

レベル2テクニカルサポートはParadigma SoftwareサポートスペシャリストによってEメールやチャット(インターネット、スカイプ)などで行います。

レベル2テクニカルサポートを申し込むには、アカウントに一つ以上のインシデントクレジットをお持ちでなくてはいけません。インシデントクレジットはParadigmaオンラインストアで購入できます。クレジットは購入後一年以内に使用しないと無効になってしまいます。

チャット(ネットやスカイプ)でインシデントサポート

インシデントサポートのためチャットを利用するのでしたら、当社のチケットシステムを通し、あらかじめ決めた時間に同意しログインする事です。

  • お客様がいなくても、割り当てられた一時間は同意された時間から開始します(1クレジットが使用されます)
  • 予約時間の30分前までなら予約のキャンセル、あるいは時間変更が可能です(1クレジットが使用されます)
  • チャット予約はすべてテキストですが、これにはEメールアドレス、ファイルアクセスや技術者からのリモートアクセスの申し込みなども含まれる場合があります。

レベル3テクニカルサポートではスクリプト作成やスクリプトのデバッグ、あるいは特定のデータベーススキーマに対してのアドバイスを行います。Paradigma Softwareのサポータースペシャリストやエンジニアは貴方と一緒になって大抵の問題を解決するか、あるいは高度な援助を与えます。Level3サポートが必要な問題を解決するには多くの場合一回のセッションでは足りず、エンジニアが問題解決に一日以上費やす事があります。

レベル3テクニカルサポートはEメール、チャットあるいはスカイプを通してParadigma Softwareサポートスペシャリストが解決します。

レベル3テクニカルサポートはサポート契約でカバーされています。レベル3サポートに関しては、サポートチケットシステムを通してご連絡ください。

OEM品とはParadigma Softwareが他開発者にライセンスを供与し、そしてその開発者達がお客様にライセンスを供与する品です。

 

Valentina 開発者ネットワーク開発者達は組み込まれたバージョンのValentinaサーバに基づいてお客様にライセンスを供与するかもしれません。もしValentina組の組み込みサーバ品の使用者でしたら、サポート用の連絡先はそのアプリケーションのライセンスを供与した開発者です。

 

サポートをもらうためには登録とログインが必然です。カスタマーサポートへの質問やテクニカルサポートを使用するには登録とログインが必要です。サイトへの登録は無料です。テクニカルサポートへの質問すべてにはオープンチケットリンクを使用します。